東京都が飲食店に時短要請へ 最大40万円の協力金支給

2020年の春から猛威をふるう新型コロナウイルスの感染拡大は、収束する兆しもなく、「第3波」の様相を呈する状況です。


東京都ではこのような状況を踏まえ、酒類を提供する飲食店などに向けて営業時間短縮の要請を発表しました。要請に応じた中小事業者には一律40万円の協力金を支払うとしています。

東京都が飲食店・カラオケ店に時短営業を要請


東京都は2020年11月25日、今もなお猛威をふるう新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、島しょ部を除く東京都内全域にて酒類を提供する飲食店などに対して、営業時間を午後10時までに時間短縮するよう要請すると発表しました。期間は2020年11月28日から12月17日までとしており、要請に応じた店舗へ一律40万円の協力金を支給するとしています。


飲食店の時短要請は、東京都が時短要請を23区内で解除した9月15日以来となっています。また今回の時短要請を実施することでウイルス感染機会を減らし、医療提供体制の維持を図ることを目的としています。今回の時短要請の内容については次章で詳しくご紹介します。

東京都 時短要請の対象と協力金の内容


東京都の時短要請に関する期間や協力金などの詳しい内容については以下のとおりです。


時短要請期間

2020年11月28日(土)0時~12月17日(木)24時までの20日間


おもな対象要件

東京都の営業時間短縮要請を受けた東京都特別区および、多摩地域の各市町村の酒類を提供する飲食店・カラオケ店を運営する中小企業、個人事業主など

夜22時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた事業者が、朝5時から夜22時分までに営業時間を短縮した場合が対象

上記の要件に加えて、11月28日から12月17日までにおいて営業時間の短縮に全面的に協力することと、ガイドラインを遵守し、「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示することも要件として挙げられています。感染防止徹底宣言ステッカーの掲示については、以下より詳細内容を確認できます。


参照:東京都防災ホームページ「感染防止徹底宣言ステッカー」


協力金の支給額

一事業者あたり一律40万円を支給


申請受付

現在開設中の専用webサイトにて情報発信や申請受付への対応を予定しています。webサイトの開設時期や申請受付期間、申請方法等は決まり次第東京都の公式サイトにて公表する予定としています。


問い合わせ

時短要請の詳細については、「東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター」へ


参照:東京都公式サイト

Go To Eat食事券も販売停止


今回の東京都の時短要請に伴い、外食需要を喚起する飲食店支援事業「GoToEatイート」に加え、都内を旅行する都民対象の観光支援事業「もっとTokyo」についても時短要請期間中は新販売停止を発表しています。


11月27日(金)から12月17日(木)までの3週間は、プレミアム付き食事券の新規発行の一時停止に加え、これまですでに発行された食事券やポイントの利用を消費者へ控えることを呼びかけるよう国へ伝える方針としています。さらに東京都は、都民へ不要不急のが外出を控えるように呼びかけるとともに、都民へ都内での旅行に対する都の補助事業は、営業時間の短縮を要請する期間の旅行の新規販売を停止する予定です。ただし、現在すでに予約を済ませている旅行に関しては補助される予定です。

宅配・デリバリーサービスは時短営業の対象外


ウーバーイーツや出前館のことを書いておき、緊急事態宣言のリスクに備えてデリバリーサービスへの切替準備を行いましょう 的なことを書いてください


東京都が発表した今回の時短要請の内容は、酒類を提供する飲食店等への営業時間短縮を要請するものですが、宅配やデリバリーサービスに関しては、今回営業時間短縮要請の対象外となります。そのため、デリバリーや宅配を22時以降に行うことに関してはとくに問題ありません。


東京都の酒類を提供する飲食店などは、今回の時間短縮の要請を受けることで、年末の忘年会シーズンの客足の影響に不安を感じる方も多いでしょう。また今後も起こる可能性のある緊急事態宣言のリスクに備えて、ニーズの高まるデリバリーサービスへの切替準備を行うことも店舗が今こそやるべき対策といえるでしょう。

二大フードデリバリーサービス・ウーバーイーツと出前館


ここからは、二大フードデリバリーサービスともいえるUber Eats(ウーバーイーツ)と出前館についてご紹介していきます。今すぐ加盟店申請したいと考えている店舗は、ぜひチェックしてみてください。



「Uber Eats(ウーバーイーツ)」


デリバリーサービスの中でも、ここ数年で今や知らない人はいないというほど人気を博しているのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。料理を自宅まで届けてほしいユーザーと運びたいユーザーをマッチングするフードデリバリーサービスです。新型コロナウイルスの影響で店内飲食の客足が減少した飲食店でもユーザーが店舗へ来店しなくても効率よく売上を伸ばすことができるため、コロナ対策としてはおススメです。


またウーバーイーツを始める際は、基本的には初期費用や月額費用、解約金はかかりません。配達用の容器を用意することで、すぐにデリバリーを始めることができるため、店舗側も安心です。ただし加盟店手数料として売上の35%発生するので事前の利益計算は徹底するようにしましょう。


ネットフェニックスでは、デリバリーの導入に関するご相談も承っております!加盟店になりたい方や詳しく知りたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。


ホームページを見る



出前館


日本最大級のデリバリーサービスである「出前館」も、今注目すべきデリバリーサービスの一つです。加盟店数30,000以上を誇る「出前館」は、配達員を出前館が直接雇用している点が大きな魅力。接客、運転技術ともに一定の基準を満たした配達員が、食事を運んでくれるため、店舗側はもちろん受け取るお客様にとっても、満足できるデリバリー体験が叶います。


また、出前館の配達員を利用する「シェアリングデリバリー」方式だけでなく、自店舗の従業員が直接お客様に配達を行う方式である「自配」の方式も利用が可能。この場合は配達手数料が発生しませんので、コストも削減できます。


初期費用が無料になるキャンペーンも実施しています。加盟店申請を行うなら今がチャンスだと言えますので、詳しく知りたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。


ホームページを見る



最新記事

すべて表示

飲食店の“時短要請”大阪で始まる。困惑の声も

感染拡大防止の鍵となる、勝負の3週間。 大阪では27日から、飲食店などへの時短要請が始まった。 感染拡大を抑え込む勝負の3週間。 大阪市の繁華街ミナミでは27日夜...。 大阪ミナミの串カツ店で午後8時半ごろ、あと30分ほどで閉店となるが、店内は多くのお客さんでにぎわっていた。 大阪市の一部で、酒類を提供する飲食店などに対し、27日夜から始まる午後9時までの時短要請。 期間は12月11日までの15

【飲食店経営】コロナ第三波に向けて今からできる事

最近ニュースを見ているとコロナ感染者数の増加から、またまた自粛要請が始まりつつありますよ。今この記事を書きながら横目に見えたニュースでも現在国内には感染者が14万人いるだとか。 営業時間の短縮や自粛要請もあり、飲食店を経営している人からすればたまったものではありません。 第一波・第二波で起こった社会現象 ・緊急事態宣言 ・自粛要請 ・お家で〇〇の流行 ・任天堂Switchの高騰 ・マスク・アルコー

厚労省が「雇用調整助成金(特例措置)」の対象期間を2021年2月末まで延長

厚生労働省は、12月末に期限を迎える雇用調整助成金の上限額の引き上げなどの特例措置について、現在の水準のまま、2021年2月末まで延長すると決定した。以下の画像では対象期間が12月末のままだが、1日の上限額や助成率などは変わらない。 「雇用調整助成金」とは、経営が悪化した企業が従業員の雇用を維持するための制度。新型コロナウイルスの影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を

シェフの食べ物についての議論

お問い合わせ急増中です!

​いますぐお問い合わせ下さい。