愛知県、名古屋の飲食店に時短要請…指針順守しない店には休業求める

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛知県は26日、名古屋市中心部の繁華街の一部地区を対象に、29日~12月18日の20日間、接待を伴う飲食店や居酒屋などに営業時間の短縮(午前5時~午後9時)を要請すると発表した。接待を伴う飲食店のうち、業界団体の感染防止指針を順守しない店舗には休業を求める。要請に応じた事業者には、1日2万円、最大40万円の協力金を支払う。


対象地域は、名古屋市中区の栄、錦地区の一部。県内では連日100人を超す感染者が確認され、特に同市では10月21日以降、これらの地区にある接待を伴う飲食店を中心に、クラスター(感染集団)が相次いで発生している。


大村秀章知事は記者会見で、「感染状況は東京や大阪、北海道ほど逼迫ひっぱくしていない」と述べる一方、今後の状況次第では対象地域の拡大や期間の延長を検討する考えを示した。

最新記事

すべて表示

飲食店の“時短要請”大阪で始まる。困惑の声も

感染拡大防止の鍵となる、勝負の3週間。 大阪では27日から、飲食店などへの時短要請が始まった。 感染拡大を抑え込む勝負の3週間。 大阪市の繁華街ミナミでは27日夜...。 大阪ミナミの串カツ店で午後8時半ごろ、あと30分ほどで閉店となるが、店内は多くのお客さんでにぎわっていた。 大阪市の一部で、酒類を提供する飲食店などに対し、27日夜から始まる午後9時までの時短要請。 期間は12月11日までの15

【飲食店経営】コロナ第三波に向けて今からできる事

最近ニュースを見ているとコロナ感染者数の増加から、またまた自粛要請が始まりつつありますよ。今この記事を書きながら横目に見えたニュースでも現在国内には感染者が14万人いるだとか。 営業時間の短縮や自粛要請もあり、飲食店を経営している人からすればたまったものではありません。 第一波・第二波で起こった社会現象 ・緊急事態宣言 ・自粛要請 ・お家で〇〇の流行 ・任天堂Switchの高騰 ・マスク・アルコー

厚労省が「雇用調整助成金(特例措置)」の対象期間を2021年2月末まで延長

厚生労働省は、12月末に期限を迎える雇用調整助成金の上限額の引き上げなどの特例措置について、現在の水準のまま、2021年2月末まで延長すると決定した。以下の画像では対象期間が12月末のままだが、1日の上限額や助成率などは変わらない。 「雇用調整助成金」とは、経営が悪化した企業が従業員の雇用を維持するための制度。新型コロナウイルスの影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を