企業の9割が忘年会・新年会を開催しない

当然といえば当然ですが、東京商工リサーチの調査によると、忘年会や新年会を「開催しない予定」と回答した企業は、87.8%(8,840社)であることがわかりました。(有効回答:10,059社)


大企業が92.9%、中小企業が86.9%で、規模による差はあるものの、9割近い企業がコロナ禍で慎重な年末年始を迎えそうです。


都道府県別では、「開催しない予定」とした回答割合は北海道93.0%(589社中、548社)、東京都は90.2%(2,381社中、2,150社)で、9割を超える企業が開催しない意向に。


企業側は、職場のひとが大勢集まり、酒を酌み交わす年末年始の恒例行事を考え直す良い機会になりそうですが、飲食店にとっては、「GoToイート」が終わり、年末年始の稼ぎ時に、自粛や時短を余儀なくされそうで、なんとも厳しい状況ですね。


政府は、感染防止の徹底を前提に「GoToイート」や「GoToトラベル」など、継続的に消費を刺激していますが、経済と感染防止の両立はやはり難しくないですかね。


このまま、どこも縛らず、緩やかに経済と感染防止を進めていくと、長期戦になりそうだと思っている方が多いですよね。


毎日の感染者数の報道を見てると、飲食店に足を運ぶのが怖くなりますし、大人数のお店は敬遠してしまいます。


自粛ムードが高まるなか、飲食店は、デリバリーやテイクアウトに注力して、消費者の生活様式にいかに合わせられるかが問われそうです。


忘年会・新年会は、いっときブームっぽくなった「オンライン飲み会」にシフトするかも知れないですね。


オンライン飲み会を盛り上げる仕掛けを考えたり、参加者に同じ料理を提供する仕組みを作ったり、飲食店は食べ物や飲み物の提供に留まらず、新しい付加価値という体験をパッケージ化すると良いと思います。


SNSやYou Tubeで取り上げたくなるネタを提供することが、今のサービス業には求められている気がします。




二大フードデリバリーサービス・ウーバーイーツと出前館


ここからは、二大フードデリバリーサービスともいえるUber Eats(ウーバーイーツ)と出前館についてご紹介していきます。今すぐ加盟店申請したいと考えている店舗は、ぜひチェックしてみてください。



「Uber Eats(ウーバーイーツ)」


デリバリーサービスの中でも、ここ数年で今や知らない人はいないというほど人気を博しているのが「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。料理を自宅まで届けてほしいユーザーと運びたいユーザーをマッチングするフードデリバリーサービスです。新型コロナウイルスの影響で店内飲食の客足が減少した飲食店でもユーザーが店舗へ来店しなくても効率よく売上を伸ばすことができるため、コロナ対策としてはおススメです。


またウーバーイーツを始める際は、基本的には初期費用や月額費用、解約金はかかりません。配達用の容器を用意することで、すぐにデリバリーを始めることができるため、店舗側も安心です。ただし加盟店手数料として売上の35%発生するので事前の利益計算は徹底するようにしましょう。


ネットフェニックスでは、デリバリーの導入に関するご相談も承っております!加盟店になりたい方や詳しく知りたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。


ホームページを見る



出前館


日本最大級のデリバリーサービスである「出前館」も、今注目すべきデリバリーサービスの一つです。加盟店数30,000以上を誇る「出前館」は、配達員を出前館が直接雇用している点が大きな魅力。接客、運転技術ともに一定の基準を満たした配達員が、食事を運んでくれるため、店舗側はもちろん受け取るお客様にとっても、満足できるデリバリー体験が叶います。


また、出前館の配達員を利用する「シェアリングデリバリー」方式だけでなく、自店舗の従業員が直接お客様に配達を行う方式である「自配」の方式も利用が可能。この場合は配達手数料が発生しませんので、コストも削減できます。


初期費用が無料になるキャンペーンも実施しています。加盟店申請を行うなら今がチャンスだと言えますので、詳しく知りたいという方はぜひお気軽にお問い合わせください。


ホームページを見る




最新記事

すべて表示

飲食店の“時短要請”大阪で始まる。困惑の声も

感染拡大防止の鍵となる、勝負の3週間。 大阪では27日から、飲食店などへの時短要請が始まった。 感染拡大を抑え込む勝負の3週間。 大阪市の繁華街ミナミでは27日夜...。 大阪ミナミの串カツ店で午後8時半ごろ、あと30分ほどで閉店となるが、店内は多くのお客さんでにぎわっていた。 大阪市の一部で、酒類を提供する飲食店などに対し、27日夜から始まる午後9時までの時短要請。 期間は12月11日までの15

【飲食店経営】コロナ第三波に向けて今からできる事

最近ニュースを見ているとコロナ感染者数の増加から、またまた自粛要請が始まりつつありますよ。今この記事を書きながら横目に見えたニュースでも現在国内には感染者が14万人いるだとか。 営業時間の短縮や自粛要請もあり、飲食店を経営している人からすればたまったものではありません。 第一波・第二波で起こった社会現象 ・緊急事態宣言 ・自粛要請 ・お家で〇〇の流行 ・任天堂Switchの高騰 ・マスク・アルコー

厚労省が「雇用調整助成金(特例措置)」の対象期間を2021年2月末まで延長

厚生労働省は、12月末に期限を迎える雇用調整助成金の上限額の引き上げなどの特例措置について、現在の水準のまま、2021年2月末まで延長すると決定した。以下の画像では対象期間が12月末のままだが、1日の上限額や助成率などは変わらない。 「雇用調整助成金」とは、経営が悪化した企業が従業員の雇用を維持するための制度。新型コロナウイルスの影響により、事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、従業員の雇用維持を